電話占いミーティア・コーポレーション

  • 固定電話でも携帯電話でも通話料完全無料
  • フリーダイヤル0800-800-1300
  • 受付時間 朝9:00~翌朝5:00(年中無休)

パワーストーンを浄化する方法

昨今、パワーストーンはブレスレットなどのファッションアイテムとして、手軽に身につけられるようになりました。開運や願い事を叶えるために、肌身離さず持ち歩くことはとても大切ですが、それと同じくらい、お手入れも重要です。パワーストーンは、外部からのマイナスのエネルギーをどんどん吸収します。こまめに浄化を行わないと、石の持つ効果が薄くなったり、かえって持ち主に悪影響を与えてしまいかねません。今回は、お手持ちのパワーストーンを浄化するにはどのような方法があるのか、ご紹介したいと思います。

塩を使った浄化方法

岩塩などの天然塩を使った浄化方法です。塩を盛った器にパワーストーンをのせ、一晩置きます。その後、流水で十分に塩を洗い流したら、柔らかい布で丁寧に拭いてください。浄化に使った塩は、料理などに再利用してはいけません。天然石の中には、塩分に触れると変色してしまうものがあるので、以下の石を浄化する場合は、なるべく塩を使わないようにしましょう。

<塩分に弱い石>

アンバー(琥珀)/インカローズ/エンジェライト/オパール/カルサイト/クリソコラ/スギライト/セラフィナイト/ソーダライト/ターコイズ/タイガーアイ/ヘマタイト/マラカイト/ムーンストーン/ラピスラズリ/ラリマー など

水を使った浄化方法

湧き水などの自然水が好ましいですが、ミネラルウォーターや水道水でも浄化できます。パワーストーンを手に持ったら、感謝を込めながら流水に当てます。石がキレイになったと感じたら、柔らかい布で水分をふき取ってください。以下の石は水分に弱く、水による浄化に不向きなものです。

<水分に弱い石>

アンバー(琥珀)/インカローズ/エンジェライト/オパール/カルサイト/クリソコラ/コーラル/スギライト/セラフィナイト/ターコイズ/淡水パール/マラカイト/ラピスラズリ/ラリマー など

太陽光を使った浄化方法

太陽のエネルギーを石にチャージする方法です。おすすめの時間帯は、夜が明けてから午前8時くらいまでの日光。紫外線は劣化や変色の原因になる可能性があるので、長時間強い光をあてないよう注意してください。以下の石は特に日光や熱に弱いので、太陽光による浄化は行わないようにしましょう。

<太陽光に弱い石>

アクアマリン/アメジスト/アンバー(琥珀)/インカローズ/カーネリアン/カルサイト/シトリン/ターコイズ/淡水パール/トパーズ/トルマリン/翡翠/ピンクオパール/マラカイト/ラピスラズリ/ラリマー/ルビー/ローズクォーツ など

水晶を使った浄化方法

塩や水、太陽光などに弱くても、どんな石にも使える、万能な浄化方法です。水晶さざれ(小さな粒状にしたもの)か、水晶のクラスター(原石)を用意します。あとは、その上に使い終わったブレスレットやネックレスを一晩置いておくだけです。浄化してくれる水晶さざれやクラスターも、定期的に流水や塩、日光などで浄化してあげるとよいでしょう。

ホワイトセージを使った浄化方法

天然ハーブの一種、ホワイトセージに火をつけて煙を焚き、その煙に石をくぐらせて浄化します。この方法は「スマッジング」と言って、ネイティブ・アメリカンが儀式を行う際、場を清めるために行っていたと伝えられています。ただし、メノウなどの多孔質の石は変色の恐れがあるので、この浄化法は行わないようにしましょう。また、火気には十分注意してください。

クリスタルチューナーを使った浄化方法

石に美しい音色を聞かせ、浄化する方法です。クリスタルチューナーは4096Hz発するように調律されています。これは地球の基本振動を増幅させた音で、天使界の扉を開く音と言われています。この音を石に聞かせることで、石を浄化するだけではなく、音を鳴らした持ち主にもヒーリング効果をもたらします。

パワーストーンを毎日身につけていると、知らず知らずのうちにマイナスのエネルギーをため込んでしまうものです。少なくとも1ヶ月に一度は浄化を行い、パワーストーンをリフレッシュさせてあげましょう。

ご利用・お問い合わせ

通話料無料・携帯電話OK

フリーダイヤル0800-800-1300

スマホからはタップすると電話をかけられます。

  • 自動音声案内は24時間ご利用になれます。
  • 初めての方の会員登録と、受付へのお問い合わせは、
    午前9:00~午前5:00です。
  • ご利用には電話番号の通知が必要です。