電話占いミーティア・コーポレーション

  • 固定電話でも携帯電話でも通話料完全無料
  • フリーダイヤル0800-800-1300
  • 受付時間 朝9:00~翌朝5:00(年中無休)

六芒星が持つ不思議な力

六芒星は、上向きの三角形と下向きの三角形が組み合わさった、星形の多角形の形をしています。「ダビデの星」「ヒランヤ」とも呼ばれ、キリスト教やユダヤ教をはじめとする宗教でもモチーフとしてよく使われることから、一度は目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。今回は、この六芒星が持つ不思議なパワーについてお話したいと思います。

魔除けの力

六芒星は、古代から魔除けの印として使われてきました。悪魔や魔物は、「目」を嫌う習性があります。六芒星を描く時、図形の線と線が交わる交点が「目」となり、邪気をはねのけられるのです。同じ魔除けの効果があるものとして「五芒星」もありますが、六芒星は五芒星よりも交点の数が多いので、より強い効力があると考えられてきました。世界中の神具や教会の装飾等にこの模様が使われるのも、そうした聖なる力があると信じられてきた証なのです。ちなみに、日本では「籠目紋」といって、三重県の伊勢神宮にかつてあった石灯篭や、京都府の鞍馬寺などにこのモチーフが使われています。

人智を超えるパワー

また、六芒星には人智を超えたとてつもないパワーが秘められていると言われています。上向きの三角形は「陽」のパワーが、下向きの三角形には「陰」パワーがあると考えられており、この相反する力が調和した図形は、非常に安定したパワーを放つことができるのです。

中世ヨーロッパ時代には、「賢者の石」を生み出そうとした錬金術師たちがこのパワーを信じて、六芒星を「賢者の石」の象徴だとしたと言います。というのも、もともと数秘術では、数字にはそれぞれ意味があると考えられてきました。

  • 1…ものごとの始まり
  • 2…融合
  • 3…創造性・破壊
  • 4…安らぎ・建設的
  • 5…情報・体験
  • 6…調和・安定
  • 7…追求
  • 8…目標達成
  • 9…客観的

「6」には調和や安定の意味がありますが、「6=3×2」という考え方もできます。「3」には創造性という意味を示しますから、昔の人々も六芒星には「宇宙のエネルギー」や「奇跡を起こす」力が秘められているととらえてきたのでしょう。

六芒星は現代において、お守りや護符だけにとどまらず、アクセサリーとしても手軽に取り入れられるアイテムとなっていますので、ぜひ日常に取り入れてみてください。邪気をはねのけるだけではなく、もしかしたら何か奇跡が起こせるかもしれません。

ご利用・お問い合わせ

通話料無料・携帯電話OK

フリーダイヤル0800-800-1300

スマホからはタップすると電話をかけられます。

  • 自動音声案内は24時間ご利用になれます。
  • 初めての方の会員登録と、受付へのお問い合わせは、
    午前9:00~午前5:00です。
  • ご利用には電話番号の通知が必要です。