電話占いミーティア・コーポレーション

  • 固定電話でも携帯電話でも通話料完全無料
  • フリーダイヤル0800-800-1300
  • 受付時間 朝9:00~翌朝5:00(年中無休)

金運向上の秘訣

現実を生きていく上でどうしても必要となる「お金」。今回はそんなお金に関する運気の話、すなわち「金運向上」についてご説明しようと思います。スピリチュアルの観点から見たお金の話、また金運を向上させるための秘訣、「豊かになる」とはどういうことか。そういったことをお話させていただきます。

お金を求めることは悪いことではない

一部スピリチュアリストの中には「お金を求めるのは良くないことである」という考えを持っている方がいます。実際、私達スピリチュアリストは過度な物質主義をよしとしません。「大金が欲しい」「富と名声を手に入れたい」といった願いは、スピリチュアルの視点から申し上げると大変あさましい感情です。しかし、それはそれとして、最低限生きていくためのお金や、生活を安定させるためのお金を求めることは決して否定すべきものではありません。むしろ、「心に余裕を持たせるためにはある程度のお金が必要である」と考えます。目の前の生活に逼迫した状況で、精神世界に目を向けることができる人はそう多くはありません。悟りを開いた高僧や修験者でもなければ、たちまち精神的余裕を失ってしまうでしょう。金運を向上させ、お金に困らない暮らしをすることは、精神世界を充実させるために必要不可欠なことです。

金運を向上させるための秘訣

金運を向上させるためにはどうすれば良いか。それはまず金運の性質を知ることです。まず、お金にはある程度の流れが必要です。入ってきたものをただひたすら貯め込んでいると、一時的にいくらかのお金は貯まりますが、金運そのものはみるみる低下していきます。お金が入る流れそのものが枯渇し、少ない貯えで細々と食つなぐだけの人生となってしまうでしょう。金運向上のために最も必要なことは、貯めることではなく、使うことです。

もちろん、ただ使えばいいというわけではありません。不必要なものにお金を浪費するのは、お金を垂れ流すだけです。そうではなく、あなたが本当に必要だと思ったものを買い、大事にしたい人間関係のために振舞うことが、より一層の金運を高めます。そういった有益な物事に使ったお金は、あなた自身の価値となり、巡りめぐって数倍ものお金になって返ってきます。金運を向上させるために最も重要なこと、それは、あなた自身のためになるお金の使い方をすることです。

風水は安全で確実な金運向上法

誰でもできる金運向上法のひとつが風水です。もちろん、実際の風水はとても奥深く複雑なものですので、厳密な意味での金運向上法を実践するためには専門的な知識が必要となります。しかし、風水について調べたことのある方であれば誰もがご存じかと思われますが、風水の基本は誰にでもできる当たり前のことです。「部屋はこまめな換気を」「水回りを清潔に保つ」「玄関にあまり多くの物を置かない」など、風水以前に整理整頓の話でもありますし、「合わせ鏡を作らない」「顔のポスターを貼る場所に気をつける」などは、心理的な作用の話でもあります。風水とは、古代中国における科学のひとつ。その教えは現代社会に通じる要素が多い、合理的なものです。雑誌やインターネットでよく言われている基礎的な風水を取り入れることは、誰にでもできる安全で確実な開運法であると言えます。

「豊かになる」とはどういうことか

そもそも、「豊かになる」というのは一体どういうことなのでしょうか。冒頭でもお話しましたが、スピリチュアリストである我々は根本的に、物欲を満たす行為そのものをよしとしません。「精神を充実させるために必要な分を求めること」をよしとします。これはどういうことか。本質的な豊かさとは、物質面ではなく、精神面にある、ということです。どれだけたくさんのお金を持ち、広い家に住み、高価な物に囲まれたとしても、精神面が充実していなければ、それらはすべて空虚なものでしかありません。ゴミの山に囲まれて暮らしているのと同じことです。

「豊かになりたい」と考えること自体は悪いことではありません。現実を生きていくうえでお金は必要であり、そこから目をそらすべきではありません。しかしながら、私達の本質は精神体であり、精神を豊かにし、魂をステップアップさせることこそが、最も率先すべきことです。それを忘れないようにし、日々の労働に勤しみ、必要なお金、物を得ていきましょう。そうすることで、本当の意味での「豊かな人」になれるのです。

ご利用・お問い合わせ

通話料無料・携帯電話OK

フリーダイヤル0800-800-1300

スマホからはタップすると電話をかけられます。

  • 自動音声案内は24時間ご利用になれます。
  • 初めての方の会員登録と、受付へのお問い合わせは、
    午前9:00~午前5:00です。
  • ご利用には電話番号の通知が必要です。